金型・木型が不要になる「ダイレクト鋳造技術」(特許取得済)は短納期、低コスト、自由なデザインが可能で試作品づくりなどに最適です。

鋳型製造手法特許取得 PAT.NO4262742

有限会社 小松鋳型製作所

お問い合わせ TEL.0761-43-0826

鋳造モデル製作

粉体モデル製作

3次元サービス

中子製作

オリジナル焼き型

会社概要

お問い合わせ

サイトマップ

HOME

小松鋳型製作所 STAFFブログ

工程管理

カテゴリー: 管理人の日々|2012年3月22日

今回のお題は、「工程管理」です。

 

様々な工程を管理するということは本当に大変なことだと思います。

 

プロジェクト長は、PDCAを実践し、円滑にプロジェクトを進めて行かなければならないのですが、いろいろな問題が生じます。

 

中でも、一番難しいのが情報の共有だと思います。

 

例えば、プロジェクト長は、Aさんに情報Aを伝えたが、情報Aは、同じ部署であるBさんも知らなければならない情報だった。2人は同じ部署なので、プロジェクト長は、Aさんに伝えればBさんにも伝わっていると思い込んでしまった。しかし、Bさんには情報は伝わっておらず、Bさんは、やり直しをする羽目になった。

 

または、Aさんは、取引先から突然仕様の変更のメールを受けた。簡単な修正だったので、Aさんはすぐに修正を行った。しかし、その修正は、後工程のCさんやDさんの工程に影響することがわかった。結局、CさんとDさんの修正が必要となり、プロジェクト長は予定の納期に間に合わなくなったため、取引先からの信用を失うこととなった。

 

例にあげた2つとも、情報が共有されていれば防げたと思われる失敗です。

 

また、世の中にあるほとんどの情報共有ツールはどれも高額で手がでないのが実情です。

 

その中で、Brabio!というツールが現れたのです!

http://brabio.jp/index.html

 

機能制限はありますが、フリーのツールで、使い方も簡単です。

 

工程が変更されると、プロジェクトに係っている人にメールが自動的に送信されます。

 

 

使い始めて、日は浅いですが、本当によく考えられていて、とてもわかりやすい!

 

有料版になると、協力会社とも共有できるようです。

 

皆様も一度使って見られてはいかがでしょうか!

 

 

コメント(0) |トラックバック(0)

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL: http://www.k-igata.co.jp/mt/mt-tb.cgi/109



コメントする


Page Top

〒923-0976 石川県小松市矢田新町へ39-1
TEL.0761-48-6477(RP事業部) 0761-43-0826(代表)
FAX.0761-43-3977

Copyright(C) 2007 KOMATSU IGATA SEISAKUSHO,Inc. All rights reserved.