金型・木型が不要になる「ダイレクト鋳造技術」(特許取得済)は短納期、低コスト、自由なデザインが可能で試作品づくりなどに最適です。

鋳型製造手法特許取得 PAT.NO4262742

有限会社 小松鋳型製作所

お問い合わせ TEL.0761-43-0826

鋳造モデル製作

粉体モデル製作

3次元サービス

中子製作

オリジナル焼き型

会社概要

お問い合わせ

サイトマップ

HOME

小松鋳型製作所 STAFFブログ

ステンレス鋳物は、大変難しいです

カテゴリー: 鋳物製造について 鋳造モデル製作|2011年11月30日

 最近、お客様からステンレス鋳造品の依頼がありました。

依頼品は、複雑かつ薄肉な形状をしており、手強いです。

 

鋳造する際に、製品とは別に必ず必要となってくる方案などの検討や、鋳造品として難しい形状部分の設計変更の提案などを行い、良い製品を提供できるように、試行錯誤しておりますが、なかなか上手くいきません・・・。

 

試しに、全く同じ形状ありで、全く同じ方案で、鋳鉄を鋳込んでみたところ、欠陥が無く製品が出来上がりました。ちなみにステンレスは1600℃以上で溶解されておりますが、鋳鉄は1400℃ほどの溶解温度であり、この200℃の差が、仕上がりに大きく影響しているようです。更に素材性質のの差もあると思われます。

 

少しづつ鋳造欠陥の少ない物が出来てきておりますが、完璧な製品を製作するには至っておらず、少々焦りぎみとなってきました・・・。全ては、生みの苦しみと思われますが、なかなかの難産となっております。

 

来週にはこのブログにて、良い報告をしたいのですが如何でしょうか・・・。

コメント(0) |トラックバック(0)

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL: http://www.k-igata.co.jp/mt/mt-tb.cgi/90



コメントする


Page Top

〒923-0976 石川県小松市矢田新町へ39-1
TEL.0761-48-6477(RP事業部) 0761-43-0826(代表)
FAX.0761-43-3977

Copyright(C) 2007 KOMATSU IGATA SEISAKUSHO,Inc. All rights reserved.