金型・木型が不要になる「ダイレクト鋳造技術」(特許取得済)は短納期、低コスト、自由なデザインが可能で試作品づくりなどに最適です。

鋳型製造手法特許取得 PAT.NO4262742

有限会社 小松鋳型製作所

お問い合わせ TEL.0761-43-0826

鋳造モデル製作

粉体モデル製作

3次元サービス

中子製作

オリジナル焼き型

会社概要

お問い合わせ

サイトマップ

HOME

小松鋳型製作所 STAFFブログ

日立プラントテクノロジー社の技術説明会に行って参りました

カテゴリー: 展示会のお知らせ 鋳造モデル製作|2011年11月23日

 11月21・22日にかけて、茨城県土浦市の日立プラントテクノロジー・土浦事業所で行われた、

技術提案型展示商談会に行って参りました。

 

この様な展示会に参加するのが初めてだったため、どの様な準備が必要か解らなかったのですが、日立プラントテクノロジー様のHPを確認したところ、「ポンプ」という文字を発見!

 

ダイレクト鋳造鋳型で作成したダブルインペラ」メインとした、「ポンプ」に対して有力そうな各種資料を持って行きました。

 

 

出発当日は天候が悪く、小矢部や妙高高原あたりでは雪がチラついており、早くも暗雲立ち込めましたが、長野市あたりのトンネルを1本抜けると爽やかな青空が広がっており、ビックリ!

 

やはり青空は気持ちが良いですね。気持ちも明るくなりますし、紅葉も奇麗でした。

 

写真を撮ってくれば良かったと反省。もっとも展示会に向けて、気持ちに余裕がなかったのですが・・・。

 

午後3時半ごろには無事に到着して、展示ブースの設営。

展示ブースは、こんな感じでした。

 

日立プラント展示会03.JPG

 

日立プラント展示会04.JPG

 

 

展示ブース自体は、弊社の技術を説明するのに、丁度良い広さでした。

 

翌日の商談会では、多くの方々に訪問していただき、誠にありがとうございました。

 

鋳造品の製法自体が珍しいため、多くの方から興味を持っていただき、納期などで良い評価をいただきました。大変嬉しいです!

 

しかし一番の問題として、製作できる鋳造品のサイズを指摘されました。日立プラントテクノロジー様で作成されるインペラのサイズは、現状弊社で作成できるサイズを大きく上回っており、原状での要求に対応できることができませんでした。

 

お役に立てられないことが大変残念ですが、現状では製作しやすいサイズから実績を積み上げていき、将来的には、より大きなサイズに対応できるように、試行錯誤を繰り返していくしかないのでしょう。

 

今回は、様々な声をお聞きできただけでも、大変貴重な体験ができました。そこ「声」を有効に活用させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント(0) |トラックバック(0)

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL: http://www.k-igata.co.jp/mt/mt-tb.cgi/89



コメントする


Page Top

〒923-0976 石川県小松市矢田新町へ39-1
TEL.0761-48-6477(RP事業部) 0761-43-0826(代表)
FAX.0761-43-3977

Copyright(C) 2007 KOMATSU IGATA SEISAKUSHO,Inc. All rights reserved.